私が一発合格できた理由

社会保険労務士試験の勉強法には「コツ」のようなものがあるのをご存知でしょうか?

社会保険労務士試験合格の為に必要なポイントをしっかりと押さえれば、合格の可能性がぐっとアップします。

「社会保険労務士試験、苦戦中・・・」「勉強法が知りたい」「とにかく受かりたい!」

こうしたお悩みを抱える方のために、最低限チェックしておきたい重要ポイントをまとめました。私自身は、たった1回の試験で資格を取得することができました。その体験をまとめて、本当に合格できる社会保険労務士勉強法を発信しようと思い立ちました。

中には「なぜ?」と思うような内容もあるかもしれませんが、騙されたと思って、ちょっと実践してみてください。たちまち何かが変わるかもしれません。難関国家資格合格を切に願う皆さんのため、微力ながら少しでもお役に立てればと思っています。

試験範囲が大木ので『じっくり勉強』は禁物

まず勉強法の基本スタンスについて、簡単にお伝えします。

難関国家資格の受験勉強に臨んでいる最中、私たちを悩ませるのは「全て覚えないと」という、プレッシャーではないでしょうか?社会保険労務士の勉強法を考える上でも、一般的には「まずはじっくりインプット」という姿勢でスケジュールを組むのではないでしょうか。

しかしながら、社会保険労務士の勉強法において、「じっくり」「しっかり」「腰をすえて」などのキーワードは厳禁です!ひとつの分野にこだわっていてはあまり良いことはありません。

この資格の試験対策では、一般常識まで合わせれば非常に膨大な数の法律の知識を習得する必要があります。法に精通している方でない限り、当然つまずくこともあります。

そんなとき、いちいち理解できない部分に引っかかって先に進めないでいると、いつの間にかその分野の前後の知識、さらには少し前に学んだはずの他の法律の内容がごっそり抜け落ちてしまいます。

理解できないから止まるのではなく、淡々と勉強していきましょう

社会保険労務士試験の勉強法において必要なことは、「止まらずに、淡々と学習を進めること」に尽きます。社会保険労務士試験に関しては、「時間が理解を進めてくれる」ことが多々あると覚えておきましょう。

社会保険労務士試験の勉強法は「真面目過ぎる人」には少々特殊なものに思えるかもしれないが、そんなポイントこそが合格へのテクニックというものです。

このサイトには、まさに”目からウロコ”な受験のコツが満載!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone