社会保険労務士の合格率

例えば難関大学に現役合格するためには、その大学に何人も合格させている高校や予備校を選ぶのが一般的ですよね。そのルールで行けば、たくさんの合格者を出している合格講座を選んで受講するというのが効率的で早いんじゃないかと思いました。

 

社会保険労務士 試験の合格率

まず社会保険労務士の近年の合格率を調べてみました。

【社会保険労務士/受験者の合格率(全国)】
受験者数 合格者数 合格率
平成11年 35,894人 2,827人 7.9%
平成12年 40,703人 3,483人 8.6%
平成13年 43,301人 3,774人 8.7%
平成14年 46,713人 4,337人 9.3%
平成15年 51,689人 4,770人 9.2%
平成16年 51,493人 4,850人 9.4%
平成17年 48,120人 4,286人 8.9%
平成18年 46,016人 3,925人 8.5%
平成19年 45,221人 4,801人 10.6%
平成20年 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年 52,983人 4,019人 7.5%
平成22年 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年 53,392人 3,855人 7.2%
平成24年 51,960人 3,650人 7.0%
平成25年 49,292人 2,666人 5.4%
平成26年 44,546人 4,156人 9.3%
平成27年 40,712人 1,051人 2.6%

単純計算するとこの17年の平均は8.05%ということになります。

さらに、社会保険労務士試験オフィシャルサイトの平成18年~27年までの10年間のデータによると合格者の51.9%は会社員ということがわかりました。そして合格者の男女比は男性65.5%、女性34.5%。合格者の年齢は30~34歳が24.1%でトップ。35~39歳の21.6%を加えると、なんと30代が全体の45.7%を占めています。

データーを見ていると、社会的には自分に近い層がこの資格試験にチャレンジして合格しているように思えました。

 

 

合格するには初学者だと1,200時間くらいは必要

あちこちで調べたところによると社会保険労務士に合格するために必要な勉強時間は1,200時間くらいということでした。 1,200時間を1年365日で割ると約3.29時間です。仕事のある月曜~金曜までの平日に1日2時間勉強するとしたら土日はそれぞれ約9時間やらなければならない。けっこうキツい…。

でもやるしかない!できるだけ少ない時間もしくは、移動時間やちょっとしたスキマ時間を効率良く勉強時間に充てるにはどうすれば良いかを考えるようになりました。