優れた教材とトホホな教材

初めて勉強を始める人にとっては、優れた教材とトホホな教材の見分けはなかなかつきにくいです。

たまたま選んだその教材しか知らなければまっ、こんなもんなのかな…。と誰もが思うはずです。その教材を信じて必死に勉強した後で気がついた時はもう遅いです。

合格までにものすごい遠回りをしてしまったり、覚えにくく、使いにくい教材で無駄な苦労をしたり、実は必死に覚えていたことは合格のためには必要でなかったり実際は内容的にズレているものさえあったりすることもあります。

貴重な時間を投じて試験勉強をするのだから、そんな事態は避けなくてはいけない。私が調べた、知る限りの情報をお伝えします。

トホホな教材例

  • テキストが文字だらけで、だらだらと長い文章が続いている…(読むだけでうんざりする。)
  • 色分けも強調部分も無く、全ページが同じようなモノクロ…(重要箇所が把握しにくい)
  • 重要箇所が表などできちんと整理されていない…(暗記がしにくい)
  • 製本すらされていないホチキス留めのテキスト…(破れたり、バラバラになる恐れが…)
  • 解答の解説がわかりにくい問題集…(復習にならない…)
  • チェックテストなのにいきなり難しい問題が続くもの…(自信が持てず、やる気がなくなる)
  • サイズが大きかったり厚すぎたりで持ち歩きにくい…(移動中や通勤中の荷物が重くなる)
  • DVDはおろかCDさえ付いていない(聴覚や視覚からの刺激で覚えることができない)
  • 生講義をそのまま収録したDVD(無駄な間があり、目線も来ない、眠くなる…)

優れた教材例

  • 全ページカラーで、見やすく、読みやすい!
  • 重要箇所があらかじめ色分けや太字になっている!
  • 表組みを使って暗記すべき箇所がまとめられている!
  • バッグに入れやすいサイズで厚みもほどよいテキスト
  • 問題と解答が見開きになっている問題集!
  • 簡単なチェックテストがたくさんできる教材がある!
  • CDやDVD教材があり、音声も美しい!
  • DVDが通信講座用にカメラ目線でスタジオ収録されている!
  • DVDやCD以外のメディアを利用した教材もある!
  • とにかく、解説やDVD講義がわかりやすい!
  • 電話質問ができて、答えもすぐに返ってくる!
  • 内容に無駄が無く、最短で合格できる内容になっている!

そして、この【すぐれた教材例】のすべてをクリアしているのは私が選んだフォーサイトの教材だけだった!