社会保険労務士試験の概要

さて、教材選びのポイントがわかって、学ぶべき講座が決まったら次は実際の本番試験がどのように行われるのか知っておくべきですね。詳細は社会保険労務士試験の公式サイトで知ることができます。ここでは【本番試験の概要】と【受験資格】について書いておきますね。

 

社会保険労務士/試験実施要綱

  • 出願期間:例年4月中旬~5月末日まで(全国社会保険労務士会連合会試験センターの窓口又は郵送で)
  • 試験日程:日例年8月の第4又は第5日曜日
  • 試験形式:筆記試験(選択式・択一式)
  • 試験時間:選択式試験80分/択一式試験3時間30分
  • 合格発表:例年11月上旬

 

社会保険労務士試験の受験資格

  • 大学において学資の学位を得るのに必要な、一般教養科目の学習を終わった者
  • 短期大学又は高等専門学校を卒業した者
  • 大学(短期大学を除きます)において62単位修得した者
  • 修業年限が2年以上で、かつ過程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
  • 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験(国家公務員採用Ⅰ種、Ⅱ種、税理士試験など)に合格した者
  • 社会保険労務士もしくは社会保険労務士法人または弁護士もしくは弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 行政書士となる資格を有する者
  • 労働組合の職員又は法人等もしくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務(ただし、このうち特別な判断を要しない単純な事務は除かれます)に従事した期間が通算して3年以上になる者

細かいことが書いてありますが、短大以上を卒業した人なら一応受験資格はあると思って大丈夫です。高卒の人や中退してしまった人は、ここに書いたこと以外にも受験資格があるらしいので諦めないでぜひセンターに直接問い合わせをしてください。

受験資格で門前払いをくわされるのは避けたいですね。ちなみに行政書士の資格には受験資格は特にありません。もし自分が該当していなかったら、早めにそっちの道へ方針転換するのもいいかもしれませんね