暗記力を高めるには

決意をもって開始した社会保険労務士 試験の勉強。でも、取り組む科目はほとんどが初めての内容ばかりのため、暗記するにも、そうやすやすと次から次へとは覚えらませんでした。必死で頭にたたき込んでも、時間がたつとけっこう忘れてしまいます。

 

ながら勉強の方が効率的なんです

ある時、私は重要なことに気付きました。電車の中で覚えたことと騒がしい飲食店で食事をしながら覚えたことは実によく覚えているということ。静かな部屋でぶつぶつ言いながら一人自室にこもって暗記したことより何か他のことをやりながら暗記した内容の方が定着率が高かったのです。

後から知ったですが、脳の仕組みから言うとこれは理にかなっているそうです。暗記をする時は嗅覚、視覚、聴覚、触覚、味覚などといった五感を同時に働かせることによって、より強く脳に記憶されるそう。

このことは多くの学習方法の本や脳医学の本にも書いてあります。CDやDVDなどの音声を聴いて覚えるのもさることながら、好きなクラシックのCDをかけながら暗記するのも効果が上がります。それと同じ考えでいけば、おやつを食べながら、食事をしながら、電車の中で風景を見ながら、コーヒーを飲みながら、外を歩きながらなど日常のあらゆることと並行しても大丈夫なんです。

静かな部屋でじーーとテキストを眺めて暗記しているといき詰まってきます。そして悲しいことに忘れてしまうのも案外早いです。でも、気分転換を兼ねてファーストフードやファミレスで食事やティータイムをしながら覚えると、その時の情景や味わいと一緒に覚えたことが鮮やかに思い出したりします。

これは効率的に暗記を勧めるのに一番良い方法だと私は思います。

 

睡眠はしっかりとりましょう

それともう一つ。寝る直前に布団の中で覚えたことは朝しっかりと覚えているということです。

後から本を読んで知りましたが、人間はたくさんのことを覚えた後は一回きちんと睡眠をとらないとダメということです。頭の中にたたきこまれた混沌とした知識も、ぐっすり眠ることで頭の中の本棚にきちんと整理されます。だから徹夜は絶対にやっちゃいけないです。

このことを自覚して以来、私はほとんどの家の外で勉強しました。朝の通勤時間、外で昼食を食べているとき、休日の晴れた日にはベランダに椅子を出して外の光と空気を感じながら覚えました。

そしてその日に覚えたことを、眠る前にベッドの中でもう一度復習しました。これを毎日毎日欠かさず行うことで、勉強の効率がアップしました。

もし、なかなか暗記が進まない…とメゲそうになったら、ぜひこの方法を真似してくださいね。