過去問演習の取り組み方

勉強を初めて10ヵ月が経過した。10科目分の基礎知識もひととおり進めることが出来ていました。簡単な問題ならこの時点では高確率で全クリアできるようになっていました。後はこの基本知識を使って応用問題が解けるように訓練していけばいいだけです。

私は11ヵ月目からいよいよ過去問に取り組み始めました。クリアしたい年数は10年分。これから約2ヵ月をかけてすべての年度で合格点が取れるように自らの気合いを入れ直しました。

「過去問はすでに出た問題なんだからもう出ないんじゃないの?」と思って1回だけテキトーにやっておけばいいなんて思っていたら大間違いです。

過去問から試験の傾向を読み解きましょう

過去問を徹底的にやることで、このような効果がある。

  1. 出題分野の頻度がわかってくる
  2. 出題される問題の形式がわかってくる
  3. 出題される問題のレベルがわかってくる
  4. どのような問題が「捨て問」なのかがわかってくる。

「どこ」を重点的に勉強すべきなのか?「どこまで」のレベルを、「どのように」勉強すればいいのか?が見えてくるのである。本試験では何も満点を取る必要はありません。

毎年の試験では、絶対解けっこないような難問が出題されることもあります。さっさと見切りをつけて時間制限のある本試験では、解ける問題をどんどん進めていかなくては時間が足りません。過去問練習を徹底的にやれば「捨てるべき問題」がどれなのかを見極めることができ、効率的に問題を解いていけます。

 

本試験を見据えて解答時間も計っておきましょう

過去問をやる上で忘れてはいけないのがストップウォッチで時間を計って一気にやることです。限られた時間の中で多くの問題を早く、正確に解く訓練ができます。1問あたりにかけられる時間は身体で覚えるしかありません。

繰り返すことで時間内に問題を解ききるための集中力もアップします。

もちろん答え合わせをした後は、できなかったところをきちんとやり直して苦手分野がどこなのかを把握することも忘れてはいけません。やりっぱなしでは意味がありません。そして、復習をしたらしばらくインターバルをとって同じ年の過去問を、時間を計りながらもう一度やりましょう。

最初は合格点に届かなくても、演習を繰り返すうちに合格点に達するようになれます。

それともう一つ大事なこと。社会保険労務士の試験では過去に出た同じような問題が繰り返し出題されます。つまり、過去問を制する者が合格を制すると言えます。まさしく過去問学習は合格への王道なんです。