直前期は公開模試にトライ!

基礎知識が身につき、過去問演習が仕上がったら社会保険労務士 本試験はもうすぐです。本試験の前にはぜひ本番の練習を兼ねて模擬試験にチャレンジしておくと安心です。

LEC、TAC、大原といった資格スクールでは公開模試を行っていて受講生以外の人も受験料を払って受けることができます。

ここで出される問題はあくまで予想問題です。万が一出来が悪かったとしても、ここでモチベーションを落としてはいけません。むしろ「本番じゃなくてラッキー♪」くらいに考えた方が良いですね。

 

本試験を想定して、試験を体感しましょう

模擬試験を受ける目的は下記のような理由です。

本試験における緊張感が疑似体験できる
時間配分の練習ができる
マークシート方式に慣れておくことができる
理解していなかった分野の弱点補強ができるv
模擬試験の前日には、本番のつもりで持ち物の準備をして本番と同じように早く寝ることが大切です。もちろん当日の朝は少し早起きして、朝食もきちんと摂っておくのがいいでしょう。

 

結果を見て復習することが重要

模擬試験の出題範囲は本番と同じように、今まで学習した全範囲から出題されます。この結果をもとにして間違えた問題をきちんと見直すことが最も重要です。

解説をもとにして1問1問をしっかり復習しましょう。補強が必要なのはどのような分野なのかを把握してラストスパートの勉強内容を実りあるものにしていきましょう。