法改正には要注意!

社会保険労務士の試験科目である法律科目全般は、頻繁に改正が行われます。しかも、改正された箇所は出題される頻度も高いんです。

 

実務においては最新の法改正を把握しておく必要がある

社会保険労務士という仕事自体が、そのように頻繁に変わる法律を相手にする仕事だからです。

そのため本試験に合格するという現時点での目的を達成するのももちろんですが、合格後にプロの社会保険労務士として仕事をこなすには、常に最新の法令を知っておく必要があります。

 

試験では法改正も重要ですが、まず基本を理解しましょう

まだ基本知識がきっちりと定着していない時点では、法改正の前と後の違いさえわからないものです。

しかもまだ基本知識を勉強している最中にも法改正が行われることもあります。法律改正の知識は基本知識をきちんと学んだ後に、最新の情報を仕込むのが効率的です。

フォーサイトでは、学習教材をはじめに全部送って終わりではありませんでした。法改正を見込んで、常に最新のテキストを受講生に送ってくれるます。

それで教材が届くのが遅いと感じてしまうこともあるかもしれないですね。でも、これは常に最新情報を受講者に提供しようという姿勢の表れなのかなと思いました。

その意味でも、法改正部分は本試験に近い段階で正確に仕込むのが良いと思います。その方が改正前と改正後の違いもきちんと把握できて無駄が少ないです。