社労士講座で合格率がはっきりしないのはなぜ?

独学のやり方を訊いてくるような人はほとんどいないません。私の周りだけかもしれませんが、社会労務士を目指す方は、通学や通信などを使って勉強することを考えている人が多いみたいですね。

ただ、いろんな講座を見ると次のような疑問が湧いてきます。「社会保険労務士の講座を選んでいるんですけど、どうしあてどこの講座も、自分のところの受験者の合格率を発表してないんでしょう?」ということです。

 

講座の合格率を公表しないのは自信がないから

私は社会保険労務士の講師ではないので、その辺の事情にはあまり詳しくはありません。だけど、外から眺めててもわかることがあります。それは、「合格率をありのままに発表する自信がある講座が、ものすごく少ない」のではないかということです。

社会保険労務士の講座を勧めておきながら、それはないんじゃないですか。と突っ込まれるかもしれませんが。。。でも講座も実力の差はあって当たり前だと思います。受講者の合格率が、全国平均の合格率より必ず高いところなんて、相当少ないです。

元の合格率が低いからか、自社での開講している講座の受講生がどれだけ合格しているかを把握しているところもあれば、把握していないところもあるようです。教材を販売している会社でそういう対応はいかがなものかと思いますが。

それでも、ちゃんと合格率を発表しているところもあります。ちゃんと毎年、合格者の数や合格率を発表している講座は、良心的ではないでしょうか。正確な調査をやっているというだけでも、良心の証明になると思います。そういう講座で勉強するのが、安全じゃないかなと私はいつも思います。