「勤務登録」が可能な士業は社会保険労務士だけ!

社会保険労務士試験に合格後、晴れて上場企業に転職を果たした私。「資格を取って、転職したんだ」と周囲に話すと決まって聞かれるのが「なんで、社会保険労務士なの?」ということです。

最近でこそ、少しずつ知名度が高まっている社会保険労務士資格ですが、他士業と比較すれば世間一般的にはまだまだ「社会保険労務士って何する人?」といったイメージが強いのかもしれません。

法律系の国家資格は数あれど、なぜその中でも「社会保険労務士」に注目したのか、疑問に思われるんでしょうね。

 

企業に勤務して実務経験を積んでいく士業

私が社会保険労務士になろうと思った理由は、この資格特有の「登録形態」にあります。他士業の場合、合格後の道といえ大体は「独立開業」です。

しかし、社会保険労務士の場合、「開業」の他に「勤務」の登録も出来ます。というより、いきなり独立開業というケースが少ないです。つまり、会社に所属しながら専門性を活かした仕事に携わっていく、というわけなんですね。

独立開業の場合、自分自身で顧客を見つける必要があったり、開業のためのコストがかかったり等、難しいことが様々あります。しかしながら、そういったリスクを負うことなく社会保険労務士として活躍できるのが、勤務登録ならではのメリットであると言えると思います。

私を含め、「専門家として活躍したいけれど、独立はちょっと敷居が高い」という方には、勤務登録可能な社会保険労務士が断然オススメです。

 

実務経験がなくても始められる士業だから安心♪

実際、勤務社労士として仕事を始めてみて思うのが、「思い切って挑戦してみて良かった」ということです。法律の知識ゼロ、実務経験もなし、という状態から未知の世界に飛び込むのは、正直かなり勇気のいることでした。

ですが、人生を変えたい一心で夢中でやってきた今、やれること、人のお役に立てることが格段に増えました。まだまだ未熟ではありますが、専門家として歩んでいくことに対する手ごたえが、少しずつ感じられるようになってきたところですね。

まだまだマイナーな社会保険労務士ですが、そもそも誰もが知っているメジャー資格だったら、合格はさらに狭き門になっていたかもしれません。

そう考えれば、私にとっては「社労士って何?」というイメージでかえって良かったんだと思います。